ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧

玉ねぎの生態


今年も無事に玉ねぎを収穫できました。
昨年に比べ少し小ぶりのようで形も若干不揃いでした。
まあそれも個性ということで良しとします。
c0168780_22091393.jpg
採種するために固定種の「泉州中甲高黄大玉葱」という品種をつくりました。
c0168780_22093999.jpg
収穫して天日干しするこの景色を見ると、ほっとします。

固定種なら種を採れると簡単に思っていましたが、玉ねぎの採種は結構手間がかかりそうです。
本来なら収穫した玉ねぎを選抜して秋まで貯蔵しておき、また植え付けて花を咲かせる。
という手順になるようです。
つまり種が採れるのは来年の今頃ということになります。
しかし、抽苔(トウ立ち)といって、現時点ですでにネギ坊主を付けているものがあります。
c0168780_22094206.jpg
抽苔したものは玉ねぎとしては失敗だけど、ここから種は採れるはずです。
ただ、この種がどんな質で種としての利用価値があるのか不明で、調べてもよくわかりません。
実験的に抽苔したものから種を採種し、今年蒔いてみようと思います。
玉ねぎの生態、奥が深い。

K

[PR]
by a-une | 2017-06-13 22:48 | farm | Comments(0)