ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

土壌断面調査


今年も残すところあとわずかとなってきました。
というわけで、今年中にやってしまいたかった土壌の断面調査をしました。
調査と言っても穴を掘って土壌を観察するだけなのですが、、
結果、わかったことは思っていた以上に深刻な状況かもしれません。

ポイントを変えて8ヶ所ほど、40~70cmほどの穴を掘っていきました。

c0168780_1952848.jpg

まず最初のポイントは比較的水はけが良い場所です。
地面から15~20cmに作土もしくは表土とよばれる層があります。
その下の20cmほどが黄土色の粘土質の層がありました。
もう更に下には小石と砂質の層が出てきて、それ以上は硬くて掘れませんでした。
どの層が硬盤層と呼ばれる層なのかはっきりわからないけど、植物の根が張れそうなのは、
一番上の層が限界っぽい感じでした。
8ヶ所中、3ヶ所はこのような感じでした。
問題なのはそれ以外のポイントです。

c0168780_1919466.jpg

このポイントは最初のポイントと同じ深さくらいまで掘っていくと、
3番目の層にあたったところくらいから、水が湧いてきて結局10cmくらい溜まりました。
ここは、井戸かと。。

c0168780_19215958.jpg

そのまた次のポイントは20cmほどで水が湧き出し、掘り出し不能になりました。
程度の差はあれど、他のポイントも似たような状況でした。
表面上は水がはけていても地下ではこれだけ水が溜まっていては、植物や微生物に悪影響です。
ちょっと作戦を練り直す必要がありそうです。うーん。
なんにせよ、まだまだスコップを手放せそうにありません。

c0168780_1932224.jpg

先日採れた野菜です。
採れるものが少なくってきましたが、青首大根がやっと収穫期に入りました。

K
by a-une | 2013-12-25 19:38 | farm | Comments(0)