ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

美しい畑のあり方



猪名川の畑の大掃除しました。
なるべく資材は自然物を使うようにしていますが、どうしてもゴミが出てしまいます。
今年は猪名川の畑にも資材置き場を作ろうかな。

畑をはじめた頃より心がけていること、それは美しい畑にすること。
農法とは別の大事なことだと思っています。
美しさは人それぞれ感じた方が違うけど、虫が造る巣のような美しさを目指しています。
土地に根ざすということは、家を建てるにしろ、畑をするにしろ、その景観も担っています。

c0168780_23460293.jpg

猪名川の畑はもともと段々の田んぼだったところで、なかなか全景が撮りにくいです。
ちょっとした棚田のような趣があり気に入っています。
しかし、動物除けの電柵がどうしても見た目が悪い。

c0168780_23460613.jpg

棚田や田園風景が何故美しく見えるかは、そこに美しい人為があるからだという。
愛読書の「国民のための百姓学」より参考。
何れにせよ、人と上手く調和した自然環境というのは美しいと感じます。

c0168780_23460405.jpg

支柱もなるべく竹を使いたいです。
こんな風に畑をデザインしていくことも醍醐味だと思います。

K


[PR]
by a-une | 2018-03-14 00:16 | farm | Comments(0)