ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧

踏み込み温床 育苗編



目が回りそうなくらい、日々めまぐるしく変化しています。
気温の上昇に伴って、冬に凝縮されていたエネルギーが一気に放出されています。

さて、準備編仕込み編と続いてきた踏み込み温床の育苗編です。
今思えば準備と仕込みは同じ意味なんじゃないかという感じがしますが。。
ま、なんとなくのニュアンスで汲み取ってください。
準備は資材などの用意で、仕込みは作業の工程です。

3月の頭に種を蒔いたナス科はもう本葉が出てセルトレイでは小さくなってきました。
このまま植えていても大きくならないので、ポットに植えかえていきます。

c0168780_21581244.jpg

アロイトマトの苗です。
気温が高い日が続いたせいか、若干徒長ぎみですが綺麗な苗です。

温床では早ければ2月中旬から3月頃に播種し、5月の連休頃に定植ができる苗ができます。
今年は寒い日が多かったので、3月初旬にナス科、4月初旬にウリ科の播種しました。

c0168780_22020214.jpg

セルトレイからポットへ植えかえることによって、育苗スペースが狭くなってきました。
気温変化を予測しながら温床から出しても良いタイミングと合わせて、順番にポット上げと播種をします。
ポットに移して、ある程度大きくなった苗なら多少の温度変化にも耐えれます。
とは言え、霜が降りたりしたら一発アウトなので慎重な判断が必要です。

c0168780_22021775.jpg

温床内の温度は30℃をキープしています。
発酵の具合がうまくいっているのだと思います。
近づくといつもふわっと温かい空気を感じることができます。
失敗すると高温期から急速に温度が下がり、全く熱がなくなってしまいます。

氷点下まで下がる日を乗り越えると、今から気をつけなければいけないのが、日中の高温です。
暑い日だと外気温が20℃、ハウス内は30℃以上になる日があります。
セルトレイの水分は一気に干上がり、苗も熱で枯れてしまいます。

c0168780_22021580.jpg

最初はビニールで蓋をしていたのを、3月末くらいから不織布へと変更しました。
それでも暑い日は蓋を完全に外し、ハウスも換気します。
そして、最低気温が10℃以下にならなくなってきたら、徐々に温床から苗をハウス内へと出していきます。

ここまでくると踏み込み温床の役目はほぼ終了です。
すべての苗を外へ出し終わると、何度か切り返しさらに発酵させていきます。
すると来年の温床の仕込み頃には堆肥化され、ふるいにかけて種まき用培土として使います。

踏み込み温床は発酵という自然現象を利用したとても優れた循環システムです。

K


[PR]
by a-une | 2018-04-11 22:49 | farm | Comments(0)