ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧

女王蜂の翅



今日は女王蜂の翅を切るという大仕事をしました。

ミツバチたちは時期が来ると群れを分ける為に新しい女王蜂を産みます。
そして古い女王蜂と働き蜂の群は巣から出て行ってしまいます。そのことを分蜂(ぶんぽう)と言います。
そうすると群の半分くらいの蜂を失ってしまうので、大ダメージをくらいます。
そこで、女王蜂の翅を切ってしまうと飛行できないので、群は女王と共に出て行くことができず巣に戻ります。
こうやって分蜂を防ぐことができるのです。

翅を切ったり、分蜂させなかったりするのはなんだか可哀想な気もしますが、
こうやって自然のシステムを利用することによって蜂蜜や野菜をありがたくいただけるのです。

どうやって翅を切るかというと、指で優しくおさえ、普通のハサミでスパッと切るだけです。
先週、蜂の先生の和田さんに技を教えていただきました。
いざ本番になるとすごく緊張し、ためらいました。
もし女王蜂が死んでしまうと一巻の終わりです。
そんな不安が頭をよぎります。

c0168780_23293277.jpg

最初の1匹が成功するとあとはリラックスして全て切ることができました。
中央のおなかの大きいのが女王です。翅がなくても何事もなかったかのように産卵していました。
これで分蜂の心配がなくなり落ち着いて採蜜まで進めそうです。

あと、うちの日本ミツバチも分蜂しそうなので、分蜂群を捕まえる準備をしています。
そのことについてはまた詳しく書こうと思います。

K


[PR]
by a-une | 2018-04-17 23:46 | 養蜂 | Comments(0)