ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧

季節はどんどん巡る



山の緑が濃くなり、田に水面があらわれはじめました。
畑は草原かお花畑というような状態になってきていたので草刈りをしました。
今晩の蛙の声が混じった雨音も、ああ、季節が移り変わったのだなと実感します。

冬の間、鹿に食べらていたエンドウも息を吹き返しました。
キヌサヤはすでに実をつけて、実エンドウやスナップエンドウも花が咲いていました。

c0168780_23283877.jpg

豆の花やつるは可憐で繊細、春の印象です。
自然の草花も春のものはそういった印象があり、夏に向かうにつれ力強いものへと変わっていきます。

c0168780_23284004.jpg

c0168780_23284300.jpg

ツタンカーメンエンドウは鞘も花も赤いんです。
なんでもツタンカーメンの墓から出てきた豆の子孫だと言われているらしいですが、真偽は定かではありません。
しかしそういった話に種のロマンは感じます。

c0168780_23284503.jpg

ジャガイモもほぼ芽が出揃い、芽かきをしています。
そして、いよいよ準備していた夏野菜の苗を植え始めていきます。

K

[PR]
by a-une | 2018-05-03 00:00 | farm | Comments(0)