ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧

備えあれば憂いなし



過去に同じようなタイトルの記事を書いた気がしますが、肝に銘じるためにもこのタイトルで書きます。
畑をはじめて様々な困難を乗り越えてきたけど、今日ほど心身ともに疲労感を感じた日はありませんでした。

c0168780_18032996.jpg

草がびっしりと蔓延った玉ねぎの畝です。
玉ねぎを収穫しましたが、ほぼ草を抜いていた気がします。
収穫がしにくくとても疲れました。
もう少しこまめに草刈りをしておくべきでした。

4品種の玉ねぎを植えましたが、去年も作った「泉州中甲高黄」が一番良くできました。
この品種から選抜し種を採ろうと思います。

c0168780_18033109.jpg

ただ、やはり今年は苗作りが失敗し、冬が特に寒かったせいで、生育差があり収量も少なかったです。
良い玉ねぎもできていただけに、悔いが残る結果となりました。
苗作りはもっと慎重かつ丁寧にやるべきですね。

c0168780_18033338.jpg

今日一番最初に取り掛かろうと思っていたジャガイモの収穫ですが、畝を見て愕然としました。
一度、鹿の被害に合い半分くらいが食べられ、1週間前まではまだ半分ほど残っていました。
今日みたらほぼ全滅でした。
写真は収穫前の畝です。

c0168780_18033541.jpg

念のため掘ってみても食べ残された青いジャガイモが出てくるばかり。
掘っても出てくるか分からない芋掘りほどしんどいものはないと思いました。
貴重な晴れ間の作業時間を浪費したくないので、途中で他の「備える」作業に切り替えました。

先日、大先輩に言われた常に先手先手じゃなきゃ駄目だという言葉を思い出しました。

それから、後手にまわらないようにエンドウの種採り、トマトの誘引、大豆の準備作業をしました。
こういった作業も遅れると取り返しがつかなくなる可能性があります。
明日からまた雨予報なので大豆をちゃんと蒔けるかが気がかりです。

耕作面積が増えたので、今までのやり方では駄目だなと痛感しました。
備えあれば憂いなし。

K


[PR]
by a-une | 2018-06-19 23:30 | farm | Comments(0)