ブログトップ

良え畝のブログ

農ある暮らしと、自然からの学びと遊び、アウネです。


by a-une
プロフィールを見る
画像一覧

種の講演会



先日、念願だった野口種苗の野口勲氏の講演会に出席してきました。
野口種苗といえば、固定種の種のみを販売している有名な種屋さんです。
「一度買ったタネは二度とうちから買わないでほしい、タネをちゃんと採って欲しい。」
こんなことを言う種屋はなかなかいないと思います。
うちも野口種苗で購入して自家採種している種がいくつもあります。

講演会は5時間ぶっ通しで行われ、「タネが危ない」という著書の内容をより詳しくお話されていました。
F1種の特に雄性不稔についてや、遺伝子組み換えやターミネーター遺伝子など、どちらかといういと怖い話が多かったです。
F1種が必ずしも悪ではないが、こういった現実を正確に知るということは重要だと思いました。
しかし仮説に基づいた話もあったので、鵜呑みにはせず、自分で情報を精査する必要も感じました。
意外と知らなかったのは遺伝子組み換えの話(アグロバクテリウム法という遺伝子組み換え方)などはもっと知りたいと思いました。
途中は完全に理科の授業を聞いているようでした。

5時間あっても時間が足らず、最後の方の無肥料栽培の話が駆け足になってしまったので少し残念でした。
もう少し夢のある話も聞きたかったなと思いました。

とにかく生物の根幹に関わる、生殖や種の話はもっと議論していくべきだと感じましたね。
野菜の栽培や養蜂を通じてその神秘の世界に触れていきたいと思います。

c0168780_22401242.jpg

大豆の発芽を確認しました。
生命誕生の瞬間はいつでも美しい。

7月になりましたが梅雨が明ける気配が全くありません。
アブラゼミが鳴き始めましたが、今年はヒグラシの声を全く聞かないが気がかりです。

K

[PR]
by a-une | 2018-07-04 23:03 | farm | Comments(0)